This page looks best with JavaScript enabled

伊丹空港 休憩スポット案内 (制限エリア外) 【実地レポート①】

大阪の旅の玄関口と言えば、大阪国際空港(伊丹空港)と新大阪駅(が国内なら主かと思います、関空や大阪駅もあるけど)。

今年は新型コロナへの対策の影響でなかなか出掛ける機会も限られていますが、帰省や旅行へ出かける際に訪れる機会も多いかと思います。

そんな伊丹空港は2020年8月ターミナルがリニューアルオープン予定

正直、ローカル空港感が漂い垢抜けなかったこれまでとはうって変わって、すっかり現代的な姿に生まれ変わりつつあります。南北ターミナルは8月にオープンですが、一足早くリニューアルが終了した中央ターミナルを中心に、おみやげを買える全ショップと休憩スポットを探してきましたので2回に分けてご紹介します。

まずは、搭乗までの待ち時間や到着される方を待つ間、座って過ごせる休憩スポットから。

伊丹空港は休憩場所が少ない?搭乗前なら保安検査を済ませましょう!

のっけから、記事タイトルが元も子もなくなるようなことを言って申し訳ないのですが、実は伊丹空港、保安検査通過前の制限エリア外では、座って過ごせる場所が案外少ないのです…。

多くの空港では、チェックインカウンターの周辺など椅子が設置されているところをよく見かけるのですが、スペースが限られるためか、はたまたまだリニューアルの途中なのか、現状(2020年7月末)の伊丹空港では制限エリア外で座れる場所は多くありません。混雑する時期や時間帯だと空きを見つけるのも一苦労かもしれません。

おみやげを買い終わり、腹ごしらえも済んで、後は搭乗するだけという出発前の状態ならば、実は保安検査を済ませて制限エリア内で待ったほうがおすすめです。航空会社のラウンジを使えなくても、電源の設置されたテーブルや椅子が数多く設置されています。これらもすべて新しくなっているので困ることはありません!

しかし、保安検査前に荷造りをしたり、到着後ちょっと休憩したり、人を待っていたり…小腹が空いているならばレストランやカフェにに入るのも良いですが、ちょっと座れればそれでよい。そんな時に座って過ごせる場所を探してきましたので参考にしてください。

1F チェックインカウンター周辺は座る場所が少ない…


(https://www.osaka-airport.co.jp/map/1f/)

伊丹空港の1階は、北ターミナルにJAL、南ターミナルにANAのチェックインカウンターがありますが、前述のとおり、この周辺には座れる場所がほとんどありません。

中央ブロックはバスの乗降場があり、この周辺には座れる場所があるのですが、困ったことにこのエリア、屋外なのです。ちょっと現在の暑い時期や寒い冬場はここで時間を過ごすのは避けたい…

ちなみに休憩できる場所ではないですが、少しわかりにくい位置に関西一円の古地図風地図があります。好きな人は眺めていれば時間はつぶれるかも(ただしこれも屋外です。空港職員の方がよく通る場所なのでちょっと立ち尽くすのは恥ずかしい…。)

2F 到着口とモノレールへ向かう出口周辺などにソファーあり!

伊丹空港を訪れる際には大阪モノレールを使われる方も多いかと思いますが、モノレール改札から空港ターミナルに入るとそこは2階です。

(https://www.osaka-airport.co.jp/map/2f/)

この2階にある休憩スポットを地図上に☆印で示してみました。

このモノレールからの入り口を入ったところには円形のソファーがいくつか置かれており、伊丹空港でも有数の休憩スポットになっています。また、その奥が到着口なのですが、この横にもいくつかソファーが置かれています。ただし、この周辺には常に人が多く、なかなか座れないかもしれませんし、あまり落ち着ける環境ではないのがたまにキズ…。

ちょっとここでは落ち着かない、そんな方は北ターミナル側に移動した手荷物検査場周辺に足を運びましょう。このあたりにも何台かソファーが設置されていますが、到着口付近と比べ人も少なく、出発前の荷造りにカバンを開けたりするのにもおすすめです。

3F カフェ前にソファー、カードラウンジは到着時も使えておすすめ

中央ブロックの2階到着口前のエスカレーター、もしくは周辺のエレベーター、階段を上ると、あまり広くはないですが3階です。

(https://www.osaka-airport.co.jp/map/3f/)

伊丹空港の3階は大阪空港ホテルのエントランスと、レストラン街がメインなのですが、中央部にオープンカフェのDEAN&DELUCA CAFEがあり、その前には自由に座れるソファーが設置されています。カフェで何も購入しないと若干居づらい立地ではありますが、2階のソファーよりも広く、人の行き来も少ないので、コーヒーを1杯買って、のんびり過ごすのもよいかもしれません。

また、対象のクレジットカードを持っているならばおすすめなのが、この3階にあるラウンジオーサカです。

いわゆるカードラウンジで、その日搭乗の航空券または搭乗を証明するものと、対象クレジットカードがあれば無料でドリンク飲み放題、電源完備の場所で時間を過ごすことが出来ます(対象クレジットカードを持っていない場合は1回1,253円で有料利用も可)。

多くの空港にあるカードラウンジですが、このラウンジオーサカの特徴は出発前だけでなく、到着後も利用可能なことと、早朝の利用時にはパンが配布されることです。多くのラウンジが出発前だけの利用であるのに比べて到着後も使えるのは非常にありがたいです。出張時の時間調整などに役立ちます。

ドリンクもビールは有料(1杯300円、生ビール、コイン式)ですが、その他は無料で、その場で豆を挽いてくれるタイプのコーヒーサーバーやソフトドリンクなどわりに充実しています。混んでいることもありますが、席数も充実しているほうかと。

4F 空港内で休憩するならここが穴場!?展望デッキもおすすめです

伊丹空港利用時になかなか来ることがない4階ですが、実は結構充実のエリア(かつ人が少なくて快適)です。

(https://www.osaka-airport.co.jp/map/4f/)

展望デッキと幾つかのショップが主である4階ですが、実は屋内に休憩スポットがあります。場所は北ターミナル側のエレベーターの目の前。テーブル付きの椅子が数セット置かれており、伊丹空港ではおそらく唯一のテーブルが使える無料休憩スポットです。あまり人も多くないエリアなので、使用できる可能性が高いのもおすすめポイント。

展望デッキも屋外で天候によっては使いづらいですが、広々としていて、滑走路と飛行機が一望できるよいスポットです。ベンチも多く設置されていますし、伊丹空港のキャラクター「そらやん」のオブジェも設置されていたりと子供連れで遊ぶのにはよい場所でしょう。

番外編 実はここが一番充実の穴場?モノレール駅内の休憩スペース

ここまで伊丹空港内で時間を過ごす休憩スポットを紹介しました。案外、座って過ごせるスポットが少ないと感じましたが、この記事を参考に充実した時間を過ごしてみてください。

…そして、伊丹空港の少し外ですが、本当の穴場を最後に紹介します。

モノレールを利用する方だけが使える場所なのですが、実は大阪モノレールの改札内には各駅に休憩スペース「モノラウンジ」椅子付きドリンクコーナー「モノドリンク」が設置されています(http://www.osaka-monorail.co.jp/ekimono/living.html)

この休憩スペース、無料で使えるにもかかわらず、空調・電源完備と非常に快適で、さらには混んでいることがほとんどないという素晴らしい休憩スポットなのです。寄贈された本が置かれたモノレール文庫まであるので、暇つぶしの材料にも事欠きません(しかもこのモノレール文庫貸し出し自由です。また、不要になった本は改札口で寄贈できますので、旅の前後に読み終わった荷物を減らしたいときに是非活用を)。

以上、空港内の定番スポットから穴場まで伊丹空港の休憩スポットでした。

次回は、多くのお店がリニューアルオープンしたお土産屋さん・グッズショップを漏らすことなく全店紹介します。お楽しみに!