This page looks best with JavaScript enabled

台湾鉄道マップ (β版) の使い方・活用法

現在、タビヌリエでは世界鉄道乗車記録クラウドアプリ「Track Tracker」の開発を進めていますが、その中で作成しました、地図、鉄道路線の路線情報や駅の位置情報などのデータを、皆さんに活用頂くため徐々に公開していく予定です。

7月5日、その第1弾として、台湾全鉄道路線の路線図を地図上に表示する「台湾鉄道マップ」を公開しましたので、使いかたと幾つかの使用例をご紹介します。

尚、現在の「台湾鉄道マップ」はβ版であり、路線と駅の位置ずれや誤表記、操作画面の表示、機能などはお断りなしに随時更新されますので、ご注意ください。また、上記のような誤りや操作の不便さ、不明点などありましたらお知らせください。可能な範囲で対応致します。

台湾鉄道マップ

基本的な使い方

ページを開く・地図の基本操作

台湾鉄道マップ」を開くと、通常版は、説明に続きこのような画像が表示されるはずです。

全画面表示をしたい、スマートフォンで小さくて見えづらいなどの場合には、全画面表示のページのリンクがあるので、そこからアクセスしてください。

※地図が見えない場合には、使用しているデバイスのメモリ開放とブラウザのキャッシュ削除を試してみてください。

地図の拡大縮小は左上の「+/ー」ボタンかマウスホイール、ダブルクリックで行えます。画面の移動はドラッグアンドドロップです。スマートフォンだとピンチアウト/インで拡大縮小、スワイプで移動ができます。

地図の種類と路線図の表示

右側には、ラジオボタンがついたボックスが表示されています。ここから、地図の種類と路線図の表示を設定します。

「+」印を選ぶとメニューが開き、上半分で地図の種類(5種類)と下半分で表示する路線を選べます。

地図の種類については後半で紹介します。

路線は、「台湾全線」「鉄道会社」「各路線」ごとに一括で選ぶことができ、それぞれの左側にあるラジオボックスをクリックすることで表示されます。例えば、上の図は台湾全線を広域図に描いた場合、下の図は、高雄捷運の橘線と紅線のみ描いた高雄の拡大図です。

右側のメニューが邪魔で地図が見にくいというときは、ラジオボックス横の「-」ボタンか「collapse all」を押すと、メニューが縮み、地図が見やすくなります。再度表示の設定をしたい場合は右メニューの「+」を押しましょう。

路線名と駅名の表示

駅の上もしくは路線の上で地図をクリックすると、その駅名、路線名を表示させることができます。

複雑に路線が交差する場所で、どの線がどの路線か見つけたいときや、地図を見てもわからない駅名を確認するのにお使いください。

地図の種類

現在、台湾鉄道マップには、5種類の地図が表示できます。用途に応じて使い分けていただければ幸いです。

Default

一般的な地図です。地名、スポット名、道路、鉄道、建物等がカラーで表示されます。情報量は多いので便利ですが、シンプルに路線を見せたいときにはちょっとその表記が煩く感じるかもしれません。

Monotone

地名と多すぎないスポット名、道路名とともに表示される白黒の地図です。この上にカラーの路線が表示されると路線の表示が引き立ちます。

Blank Map

文字の表記がない、シンプルなカラーの地図です。地図をコピーし、上から文字を書き込みたい場合などは、地図上の文字が邪魔をしないので便利です。

Dark Theme

黒一色の地図の上に緯経線、自治体境界、道路、河川のみが白抜きで表示された地図です。実用性はほぼありませんが、上にカラーの路線図が乗るとおしゃれです。装飾用かな。

Nostalgy

現地語と英語で併記された地名がデザイン的なフォントで、淡いオレンジベースの地図に書かれた、どことなくノスタルジックな地図です。これも装飾的ですが、拡大すると細かい表記もされているので、実用にも耐えるかと思います。個人的に気に入ってます。

活用例

高鐵全図

台湾全土の中で高鐵がどこを通っているかを表してみました。入門編

(地図:Default、路線:台湾高速鉄路)
高鐵全図

阿里山鉄道の執拗なループ線

世界でもここだけであろうという変態的とも言える阿里山鉄道の独立山付近のループ線の重なりの線形をかなり拡大して追ってみました。初級編

(地図:Default、路線:阿里山鉄道)
阿里山ループ

闇に浮かぶ台北捷運

真っ黒な地図に浮かび上がる台北捷運(メトロ)。地下を走っている路線も多いのですが、それが台北の都市の上に浮かび上がります。中級編

(地図:Dark Theme、路線:台北捷運)
闇に浮かぶ台北捷運

台北駅周辺の路線の入り組み

台北駅周辺を走る路線をだいぶ拡大して表示させた画像の上に、路線名を重ねてみました。左下はだいぶ路線が入り組んでいますが、実際にこの場所で交差が立体的に行われています。本マップでは路線の位置の正確な描写を試みています(複線以上の区間は一つの線路に代表させて表示しています)。応用編

(地図:Blank Map、路線:台鉄、高鉄、台北捷運、桃園捷運)
台北駅周辺路線

使用いただく際のご注意

この地図は、皆様に役立てて頂きたく、商用・非商用を問わず自由にご使用いただけます。

但し、タビヌリエおよびベース地図の作製者が著作物に関するすべての権利を放棄するものではありません。

この地図は、Open Street Mapをベースに作製されており、クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 4.0 国際(Attribution-ShareAlike 4.0 International, CC-BY-SA)ライセンスのもとでタビヌリエから提供されています。

データを自由にコピー、配布、送信、利用することができ、変更したり翻案したりしたデータを商用・非商用に問わず配布することができます。ただしこの場合は、上記と同じライセンスに従う場合のみ、提供することができます。また、配布、送信、利用時には地図右下に表示される、Open Street Map contributor、地図製作者、tabinurieのクレジット表記を行ってください。

詳細は、当サイトのご利用規約および、クリエイティブコモンズのページをご覧ください。